3月の大洗-苫小牧航路(6)ミツユビカモメ

3月の大洗-苫小牧航路(6)ミツユビカモメ

3/24 大洗苫小牧航路の復路の様子、最終更新です。

▼16時半頃になって突然現れた鳥山はかなり大きなもので、そこだけ驚異的な密度でオオミズナギドリが飛んでいました。

▼その中には、ミツユビカモメの姿もちらほら見られました。ヘッドフォン柄がある冬羽。(Black-legged Kittiwake)

▼こちらは初めて見たミツユビカモメの成鳥夏羽です。

▼5羽前後の小さな群れが見られることもありました。

▼ミツユビカモメが群れ飛ぶこんな光景も航路ならでは、です。

▼茨城沖が近づく頃にはそれまであまり見られなかったウミウの姿も。(Japanese Cormorant)
この3月の大苫航路はいつか乗りたいと以前から思っていたのですがチャンスを逃し続けており、ようやく今回乗ることができました。
海鳥の数は今季とても少ないと言われていたものの、最大の目的だったエトロフウミスズメが見られ、最後には各種海鳥の乱舞もあり、結果としては満足して終わることができました。茨城から出発できる貴重な航路、またぜひ乗りたいです。